★お知らせ一覧へ

2月1日   節分おに退治☆

「節分」にちなんで、保育園にも「鬼」がやってきました!
「あした、おに くるの?」「こわいから いやだ~」と前日からドキドキの子もいれば、「ぜんぜん こわくないよ!」「やっつけるもん!」と意気揚々の子もいました。

各クラス、鬼のお面をつくりました。かわいい顔のオニもいます (笑)
始めに鬼がやってきたのは、たんぽぽ0、1歳クラスです。
鬼の顔が見えると・・・「うわ~~~ん!!!」
大泣きのたんぽぽ組さんたち!



遊戯室では、たんぽぽ2歳組~さくら組までがお話を聞いている時に…「鬼がきたー!」
赤鬼と青鬼が前後から登場しました。

金棒を持って、鬼が来ました!
新聞紙で作ったまめを投げます。
「鬼は外!福は内!」

担任の手をしっかり握っています。


さくら組の鬼、今年は「リアル」を追及しました!


たんぽぽ組さん、怖くて(泣)

泣いている子どもたちのところへ…。

「こら こら」「だめ だめ」福の神さまが「打ち出の小づち」を持って登場しました!
「鬼たち、もう悪いことはやめなさい」 小づちで頭をトントン。
すると、「もう 悪いことはしません」良い鬼に変わりました。


「ごめんなさい」

本当はとても優しい鬼さんなのです。
(安桜山に住んでいる説 あり)
福の神さまとも、とても仲良し(^^♪


ひまわり組にやってきました。「山に連れて行くぞ~」
固まってしまったひまわり組さん…。
「いい子にするか?」うなずいていました。

「安桜山に帰ります」
毎年恒例、だけど、鬼はやっぱり怖いのですね。
元気いっぱい、鬼を退治したので、心の中の「いやいや鬼」「いじわる鬼」
「お話きかない鬼」…いなくなりました!

お土産に、3~5歳児クラスは「節分まめ」
0~2歳児クラスは「節分ラムネ」を持ち帰りました。
「無病息災」ご家庭でも豆まきを是非!