★お知らせ一覧へ

7月7日  七夕発表会がありました☆

大雨が続き、七夕前日も「明日の発表会が開催できるかな・・・」と 心配でしたが、当日の朝は小雨となり、予定通りに発表会を開催しました。

園庭には、子どもたち、家族の皆さんの願い事を書いた短冊や笹かざりを いっぱいつけた笹を飾りました。 (関の善光寺さんに、立派な竹を役員のお父さん方が早朝取りに行ってくれました!)

「ぷりきゅあに なれますように」
「きりんに あえますように」
「たけうまが のれるように なりますように」・・・☆

「七夕さま」を、お空に届くように、みんなで元気いっぱい歌いました!
「あっ!おかあさん、みつけた~!」

ひまわり組(4歳児)さんは今回 「関市民のうた」を歌いました。毎日正午に流れる「関市民のうた」の曲を 担任にRちゃんが「うたいたい!」と話しをしてくれ、市役所に依頼し、楽譜を取り寄せ、 みんなで歌いました。

当日は、尾関健治関市長にもご来園していただき、元気に歌う姿をみていただけました。

たんぽぽ2歳さんもかわいいくだものに変身し、「くだものカーニバル」リズムあそび。 ちゅうりっぷ組(3歳児)さんは、カスタネットや鈴を使っての「おもちゃのチャチャチャ」 さくら組(5歳児)さんは、レコード鼓隊で「ゆめのタネ」(クレヨンしんちゃん) どのクラスも、たくさんのお客様にちょっぴり緊張しながらも、いつも通りかわいく、元気に、立派に!発表できました。


ごほうびは「七夕クッキー☆」。
市内のパン屋さん (Panbiyori-huさん)で作ってもらいました☆

七夕さまが終わると、いよいよ夏の生活が始まります。プールあそび、午睡が中心となりますが、泥遊び、色水遊び、野菜の収穫、蝉取りなど、夏ならではの遊びを楽しめるようにしたいです。先日、突然、雷がなり、「こわい~!」と空を見上げる子、隠れる子といました。これも夏ならではの自然事象ですね。自然と上手につきあう力、これも「生きる力」の大切なひとつですね。


おやつで食べる、とうもろこしの皮むきを、さくら組さんがお手伝いしてくれました。全園児分を楽しそうに「おもしろいね!」「やったことあるよ!」と話をしながら、あっという間に終わりました☆
「さくら組さん、お手伝い助かりました」と調理師さんもにっこりでした(^-^)